サプリメントは健康サポーター|カラダ支える最強アイテム

沈黙の臓器を健康に

笑顔

アルコール性肝臓病で最も重症なのが肝硬変です。肝臓が硬くなり、正常に機能できなくなる疾患です。肝硬変を予防し、肝臓の健康を維持するためにはタウリン、オルニチン、スルフォラファンなどの栄養素をサプリメントで効率よく摂取することがおすすめです。

この記事を読む

血糖値を下げる補助的方法

2人の女性

糖尿病の対処法にはサプリメントが活用されることも考えられます。不足傾向がある栄養成分の補充 あるいは食欲が全くない際にも活用できます。きちんとプラス面とマイナス面を把握して効果的に活用することが大切です。

この記事を読む

骨の健康維持に

サプリメント

日本人に不足している「カルシウム」は、野菜や海藻などの植物性カルシウムを摂取するのが効果的です。植物性カルシウムを主成分としたサプリメントもあるので、野菜が苦手な人や忙しくて自炊ができない人などにも大変おすすめです。

この記事を読む

背景と服用に関する話です

サプリ

医療費削減が目的です

そもそもサプリメントは健康維持の手段として我が国においては1990年代から広がりを見せました。もともとはアメリカから始まったものでした。アメリカにおいても国内における医療費が莫大な量になっているという問題が生じていました。莫大な医療費を少しでも軽減する手段としてサプリメントの開発がなされました。それが日本に渡り、マスコミ等の影響も受け、今や多くの人がサプリメントを利用しており、医療費削減にも貢献がなされています。今後も高齢化の影響で医療費が増えることは言うまでもありません。そこで、社会全体の医療費を少しでも削減するために、サプリメントを推進する動きが今後社会の中で活発化していくことが考えられます。

食中が効果的です

サプリメントには決められた服用タイミングはありません。また、薬ではないため、服薬タイミングについての明記義務はなされていません。しかし、多くの人が服用のタイミングに迷うケースが多いです。そこで、一般的に一番サプリメントの効果が出やすい服用タイミングは食中となっています。そのタイミングはサプリメントに含まれている栄養素が一番体内に吸収しやすいものとなっています。食中の場合、食物を食べることによって体内が積極的に栄養を吸収しようという動きになっています。その動きを利用してサプリメントを摂取するとより効果が期待できます。ただ、食中に服用し忘れたとしても、食後30分以内ならまだ十分に栄養素を吸収できるとされています。

現在スーパーやコンビニなどでは様々な種類のサプリメントが販売されています。購入する際には、自分に目的や体質に適したものを購入するようにしましょう。サプリメントのパッケージには、カロリーやたんぱく質、糖質やナトリウムなどのグラム数や製造元、販売元の住所や発売元などの記載がきちんとなされています。そのため、選ぶ際にはこのようなしっかりこのような記載がされているかを確認することが大切です。正しくサプリメントを利用して健康的な体を作るようにしましょう。